創業案内 Established guidance

1. 業種選択

創業時、業種の選択は最も優先的な決定事項であり事業の成功の有無を決定する重要な要素です。与えられた条件と能力に対する正確な判断をベースに業種を選択してこそ事業が成功する確率が高いです。 業種選択の時創業者が主に考慮する事項は
● 市場の競争力
● 起業する業種の十分な情報収集と分析
● 初期投資の際、経営資金と在庫負担等
● 中国国内の育成/制限(業種による)をクリアーしているか
● 事業規模及びと初期投資資金の調達

2. 業種のサーベイと事業計画書の作成(研究)

業種を選んだ後、その事業の研究を行います。
客観的な資料によって市場ニーズを探り市場の動向を分析し、売上高と収益性を予想、推定し、具体的なビジネスモデルを確立し資金調達の計画を立て、正確な運営資金を算出しなければなりません。分析の内在する問題を通じて今後発生することになる問題点らを分析する必要があります。
事業計画書内容は業種によって異なっています。

製造業

● 市場調査と市場分析
● 生産品の開発及び計画
● 工場の場所選択と生産計画
● 設備投資及び販売計画
● 人材集めと組織構成計画
● 資金調達及び事業推進計画

卸小売業:

●店舗の立地環境調査、居住者および所得や消費水準の調査
●店舗の位置づけとエリア分析、地域特性、その地域の消費動向
●他エリアとの競合関係および位置づけと将来性
●店舗大きさの適性および業者分析
●販売政策および商品構成、販売促進方式
●資金調達計画および5年間の将来性と収益性の分析

サービス業:

●事務所の場所と創業する業種の適合性の可否
●事務所の所有主と契約締結者との関係、様々な法的事項検討
●建物の用途確認および賃貸保証金の条件、家賃、修理保守など賃貸契約条件を必ず確認
●サービスは設備(物)ではなく、人によりサービスが提供される為、接客能力と姿勢(態度)で決まる為、持続的な接客教育が必要

3. 許認可について

創業者は必ず創業しようとする業種が別途の許認可が必要な業種なのかを確認しなければなりません。 万一、許認可が必要な業種ならば該当機関および処理に従う要素らを正確に把握して許可を取得しなければなりません。 許認可が必要ない業種は営業許可書を取得すれば営業活動をすることができます。

4. 所在地

製造業の場合には工場設立地域の投資環境、税収政策、政府支援政策、取り引き業者および顧客との物理的距離などの色々な要素らを総合的に検討した後、最も適した地域を選定しなければなりません。
製造業の場合は機械など設備投資が大きいため、地域の条件も視野に入れて、最小限のコストで行う必要があります。

5. 会社設立と登記

会社の登録は、会社設立の詳細に記して、登記プログラムを参考にし、行ないます。

6. 開業準備

開業準備は会社設立した後、会社をどのように運営するのかを決定、遂行する創業手続きです。

開業準備時考慮しなければならない事項は次のようです。
●会社規定と就業規則の作成と形成
● 効率的な組織を構成及び運営
●政府関連項目については、期限内に政府機関へ申告する。