外資企業設立Established foreign-funded enterprises

1,外資企業形態 2,外資企業設立手続き 3,外資企業設立所用時間 4,投資企業提供資料

1) 独資企業

中国の法律により中国領土内に設立された、その資本の全部を外国投資家が投資した企業
独資企業の特徴は下記のとおりです。

-出資資本は全額外国投資者が出資したこと
-中国法律に基づいて中国領土内に設立された企業
-法人格を具備した外資企業はその国籍は中国で中国法律の管轄と保護を受けることに なるということ
-独資企業は外国人単独投資だから独自的経営管理組織を整えて損益と投資リスクを投資者が単独で負担
-原則的に有限責任会社形態
-単独投資企業は中外企業法および実施細則によって設立

2)中外合弁企業

中外合資経営企業(Joint venture)は外国会社、企業その他経済組織または、個人が中国法律に基づいて中国政府の批准を受けて中国内の中国会社、企業、その他経済組織と共同で投資して共同で企業を経営して共同で損益を負担する企業法の組織、投資者の間で投資される資本に重点を置く企業形態
中外合弁企業の特徴は下記のとおりです。

-中国と外国投資者の共同投資で設立
-中国法律に基づいて中国領土内に設立された企業
-共同経営、共同収益、共同でリスクを負担する有限責任会社
-出資者が各自の出資比率によって権利を持ち、義務を負担
-企業の最高権力機構として取締役会を設立
-取締役会に派遣する取締役は合弁者の出資比率によって協議して確定
-中外合資経営企業法及び実施細則に基づいて設立

3)中外合作企業

中外合作経営企業は外国の企業やその他経済組織または、個人が中国の企業または、その他経済組織と中国法律に基づいて中国の領土内で共同で設立した、契約規定により双方の権利と義務関係が決定される企業形式

中外合作経営企業を設立しようとする出資者らは合作企業設立契約で投資または、合作条件、収益または、製品の分配、危険と損失の分担、経営管理の方式と合作企業終了時の財産の帰属関係など企業の諸般重要事項を約定しなければならなくて合作者の間の上記の約定により企業の重要事項が決定される企業形態
中外合作企業の特徴は下記と同じです。

-契約式合弁企業
-合資企業と備え企業の設立、組織機構と経営管理、解散と清算などのすべての方面で法律的な規制を少なく受けて現実に適応力が高い企業形式
-合作者双方の権利義務関係、すなわち投資と合作条件、収益または、商品の分配、危険と損益の分担、経営管理の方式および合資企業終了時財産の帰属関係などの事項は全部双方が締結する契約の内容によって決定
-法人格の取得も出資者の意思によって決定
-合弁企業と違い合作企業は出資者双方の意思により法人資格を持つこともできるし、法人資格を持ってない企業で設立することもできる。
-法人品格をそろえることのできない場合、それぞれの側の代表で構成される連合管理機構によって経営管理されて連合管理機構は合作企業の法廷代表になれないということ
-出資者は企業の債務に対する出資者の責任形式を比較的自由に決定
-中国法律に基づいて中国領土内に設立
-中外合作者双方の共同投資、共同経営、共同損益負担で企業を経営
-中外合作経営企業法および実施細則に基づいて設立